雑食思想の溜め池

生活していれば自然と湧き出て来る思いの数々。ここは、ぼくの中でゲシュタルト形成や拡張へ向けて流れ着いた、様々な興味の源泉からの思想が集う場所である。

スリーイーBluetoothキーボード(3E-BKY7-BG)Windows 10でのキー変換

f:id:Cenote:20200330165914j:plain

このキーボードはUS配列(英語)キーボードをベースとしているため、JIS配列(日本語)キーボードに慣れたユーザーは記号をタイプするときちょっと戸惑うようですね。ぼくもその一人です。

特にこのキーボードは狭いスペースに機能をいっぱい詰め込んでいるうえ、使用するシステムによってキーボード上の表示が適用されないこともあるので、自分のシステム向けに記録しておこうと思いました。特にぼくはPCとアンドロイドスマホに使っているので、頭がこんがらがってきそうなので記事にしておきます。参考になる方がいたらしていただけたらと思います。

まずは、ウィンドウズPCです。Windowsであれば、すべてこのキー変換が適用されるのかわかりませんが、ぼくのパソコンと接続して使ってみた結果を記録しておきます。因みに機種はHP ENVYです。

3E-BKY7-BG+HP ENVY(Windows 10)

Microsoft IMEツールボックスツールバーに表示されていることを確認。

言語モードの確認([EN]なら英語モード、[JP]ならMicrosoft IMEの日本語モード)

言語モードの変換([EN]⇔[JP])

  • [start]+[スペース]

[JP](日本語モード)での入力切替(アルファベット入力/ローマ字入力

  • [esc]で切り替える(タスクバー内の表示[A]⇔[あ])

念のため、[A]ではアルファベットキーに従ってそのままタイプされ、[あ]ではローマ字でタイプすることでひらがな入力され、スペースバーで変換する入力です。

 

基本的に記号はキーボード上のにシフトキーやfnキーと青文字や赤文字のキーの組み合わせで打つのですが、統一性がないので書き出してみたいと思います。

タイプしたい記号の打ち方(キーボード上の白文字キーで特定します)

日本語キーボードの機能キー(F6~F9)の変換

  • F6(全角ひらがな変換)   →   JPあモードで [ctrl]+[u]
  • F7(全角カタカナ変換)   →   JPあモードで [ctrl]+[i]
  • F8(半角カタカナ変換)   →   JPあモードで [ctrl]+[o]
  • F9(全角アルファベット変換)→   JPあモードで [ctrl]+[p]

アポストロフィ

  • JPあモードで [shift]+[ [ ]    →   [‘]
  • JPあモードで [shift]+[7]     →   [’]
  • JPAモードで     [shift]+[7]     →   [']
  • ENモードで    [fn]+[L]      →   [']

クエスチョンマーク

  • JPあモードで  [fn]+[.]    →  [?](全角)
  • ENモードで    [fn]+[.]    →  [?](半角)

■コロン

  • JPあモードで  [fn]+[L]      →  [:](全角)
  • ENモードで    [shift]+[;]    →  [:](半角)

■かぎ括弧

  • JPあモードで  [ ] ]      →  [「] や [『](全角)
  • JPあモードで  [fn]+[O]    →  [」] や [』](全角)
  • 奥の手→JPあモードで[かっこ]と入力して現れた選択肢から選択

■中点、三点リーダ

  • JPあモードで  [fn]+[<]    →  [・・・](全角)や […]

ひとまず、このくらいにして、随時追加していきたいと思います。

このキーボードの関連記事がございますので、よかったら・・・。 

omoi-tameike.hatenablog.jp

 

omoi-tameike.hatenablog.jp