雑食思想の溜め池

生活していれば自然と湧き出て来る思いの数々。ここは、ぼくの中でゲシュタルト形成や拡張へ向けて流れ着いた、様々な興味の源泉からの思想が集う場所である。

PC「A」からPC「B」へアドレス帳の移行

お隣さんプロジェクト(いつの間にか自分の中で名前が生成されていた)で、前回はメールクライアントの移行まで行いましたが、こんかいは、残りのアドレス帳について書いておこうと思います。

今回だいぶ大きな勘違いをしていることに遅ればせながら気が付きました。

それはPC「A」のOutlookのアドレス帳をPC「B」の新しいメーラーのアドレス帳(Thunderbirdになった)に移行したいという要望だったと思ったのですが、よくよく話を聞いて、今のOutlookのアドレス帳を見せてもらったところ、どうやら違うことがわかったのです。

「メールとアドレス帳を移したい」という言葉から、メールに使っているOutlookのアドレス帳を住所録としても活用していると思っていました。アドレス帳というのは、他のソフトで年賀状を書くときに使うことはわかっていましたので、住所録であることも分かっていました。しかし実際にはメールはメール、住所録は住所録として別々に保存していあることがわかったのです。

それも住所録は後で話を聞くと、USBスティックに保存してあるというので、特に移行するという話でもなくなってきました。そして使用しているソフトも「筆まめ」ということで、今度はそのソフトウェアをどうやって入手したかという話になってきました。

そのソフトを持っているのか、もしくは前のPCを購入したときに同梱されていたのか、それも定かではないということがわかりました。ということで、取り敢えず今回は「アドレス帳」の移行はなしということで、別日というか、取り敢えずこのPCを引き渡して少し落ち着いたら再開ということになりました。

ほんの少しのことでも本人がはっきりと事情を認識していない他人のことをお手伝いすることって難しいことですね。そういうところにビジネスがあるんでしょうけどね。

パソコン「A」のOutlook2010からパソコン「B」のThunderbirdへメールの移行をする

今回の投稿は先日のお隣さんのメーラー移行作業を、今後のために備忘録的に記録しておこうと思います。移行に当たってさまざまなブログを含むネット上の情報を調べてみて、ちょっと惑わされたところもあったのでそれらも含めて書いておきます。

目的:Outlook2010の入っているPC「A」からThunderbirdの入っているPC「B」へメールとアドレス帳の移行をする

今回はメールの移行までを記録。アドレス帳についてはまた後日実施します。

メールの移行までの紆余曲折

Outlookの.pstファイルを使ってはThunderbirdへは直接移行できないらしい。情報によってはThunderbird31.8以前のバージョンで移行し後でバージョンアップすると書かれていたが、同一PC内の移行を前提としているようだったため無理と断念。加えて、それに気が付く前にPC「B」にThunderbird31.8をインストールしそこにインポートのアドオンを入れようとしたが入らず。おそらくこの情報はかなり古いものではないか?

次にOutlookのメールをエクスポートツールを使ってemlファイルでエクスポートし、Thunderbirdのインポートのアドオンを組み込んでインポートするという手段を取った。

成功した手順

PC「A」のOutlookからemlファイルでエクスポートしたら、一つのフォルダーに入れ、USBメモリやドロップボックスなどを使って、PC「B」のデスクトップ上にコピペする。

現時点で最新のThunderbird68.2.2をPC「B」にインストールし、アドオンのImportExportToolsNG4.0.4を入れたところ、ちゃんと組み込まれた。このアドオンを使って実際にはフォルダーごとにひとつひとつ移行していくことになった。Thunderbirdをインストールご後、次の手順を踏んだ。

  1. PC「B」のThunderbirdで移行したいアカウント名でアカウントを作成し、メールが受信できる状態にする。
  2. ImportExportToolsNGをアドオンする。
  3. 移行したいアカウントに移行したいメールのフォルダーを作る。
  4. そのフォルダーの上で右クリックし、[ImportExportToolsNG]→[フォルダからすべてのemlファイルをインポート]→[フォルダのみ]を選択する。サブフォルダーも含めると上手く行かない。
  5. 該当するフォルダーをデスクトップ上のフォルダーから選択して[フォルダーの選択]をクリックする。
  6. Thunderbird上のフォルダーにメールが流れ込んでいく。
  7. 移行された送信済みなどのメールは、一度Thunderbirdで送信するとフォルダーが作成されるので、その中に移動すればよい。

次回は、アドレス帳の移行について書けたらいいと思います。

腹を攣った!

何年ぶりでしょうか、3~4年ぶりぐらいに先日から少し体調を崩しており、咳が出るようになってしまいました。そして、昨日は温かくして寝ようと思い少し熱いお風呂に入りました。

咳をしながらもお風呂に入り、湯船に浸かり一旦温まってフーと一息ついて湯船から出ました。そして床に置いてあった手桶を取ろうと屈んだときに、不意に咳が出てきました。ゴホッ!次の瞬間…

ギューん…

なんだこれ?!

ギョエーッ!

ウーっ!

お腹全体に激痛が!

最近運動不足のせいか腹筋も弱って来ているのか知らないですが、ちょうど6パックがある人にはあるであろう場所がギューんと痛くなり、縮んでいくように攣っているのがわかりました。

咳で肋骨を骨折する人もいるくらいだから、咳で腹筋を攣ることもあるんでしょうか。でもいるんでしょうね。まさかぼくが人類初であるとも思えません。あまり聞いたことないだけでしょうか。と思ってググってみると、やっぱりいるんですね。言われてみれば、筋肉であればどれでも攣る可能性はあるわけです。

20~30秒ぐらいは湯船にもたれ掛かってその激痛に耐え、1分ぐらいで痛みはなくなりましたが、参りましたね。確かに咳がひどいと腹筋が筋肉痛になりますもんね。でもまさか攣るとは…。

米食によるミネラル不足?玄米食を推奨するに堪えるだけの野菜は毎日食べてますよ。水分不足?それあるかも。ぼくはあまり水分摂らないんですよね。あ、それから近年の運動不足から滅多に使わなくなった筋肉を数年ぶりの咳が襲いかかり、急激に収縮させたために起こった現象かも。これが一番怪しいな。とにかく想像の域を出ず、真相はわかりません。

新技ジャー

久しぶりにやっちゃいましたね。それも新技を使ってのジャーです。

ここしばらくは、ずっと目を光らせてタロウの怪しい挙動を横目でモニターしていました。データ的(経験的)に寝室のベッドの上でしかワルさしないので、留守にする時は寝室は閉めていました。

そして今日、細君が布団越しに怪しい挙動を感じて、

「あ!」

と起き上がると、申し訳なさ程度にしてしまったのです。でも既にもうトイレに行ったやろ!と、無理やり絞り出してる感がありました。

この頃は一つのパターンをかみさんが発見しました。うんちをした後、興奮したようにベッドに駆け上がってくるときはヤバい。そうして上がってきたときにクンクンしながらたまにほじくる様な仕草をしているときはその前兆。それをしばらく放っておくとグラウンドゼロ地点の設定を開始し、ロックオンしたとたん、あの中腰で投下体勢に入るという流れです。この体勢に入ったら1秒以内には投下されるのでその前にサッと抱き上げるかベッド下に追いやるしかありません。

なぜうんちをすると同時に用をたさないのでしょうか。それが不思議でなりません。やはり楽しみの一つになっているんだとしか思えません。

しばらくすると、まあシチュエーションは普段と何ら変わりはありませんでした。しかし、我々がまだ寝ているときに、室内干しをしていた細君の服を引きずり下ろすと、その上でジャー。

えー、トイレでしてなかったんかい!さっきのはフェイントかい!?

その音に細君は飛び起きて止めようと思ったようですが、もうすでに出きった後。まだまだクセは抜けないようです。

超シンプル玄米粉100%パンケーキ

多くのパンケーキミックスには小麦粉を使っていますよね。ただ小麦粉は様々な点から見て体に良いものとは言い難いのです。そこで米粉に目を向けます。最近では「米粉パンケーキ」なるものも販売されていますが、米粉100%を見つけるのはとても難しいのではないでしょうか。さらに市販のパンケーキミックスにはいろいろな添加物が含まれています。商品として成り立たせるため、必要不可欠なものなのかもしれませんが、自分で作るのであればそれほど必要なものはなく、最小限の材料でおいしく安心して食せます。初めはベーキングソーダやベーキングパウダーも使いたくなかったので、使わずに作ってみましたが、食感にしても味にしてもトルティーヤのようにとても淡白になり、どうしても膨張剤は必要だと思いました。そして膨らますことで甘さも増すように感じます。そのような経緯で我が家で誕生した、唯一ぼくが作れる料理?であるこだわりパンケーキ、それも不要なものはすべて削いだシンプルな玄米粉パンケーキをシェアしたいと思います。

f:id:Cenote:20191116142934j:plain

米粉パンケーキ―リアルにこんな感じ

ただ、一つ注意点として、玄米にはフィチン酸と呼ばれる成分が含まれており、カルシュウムなどのミネラルと結合し尿と一緒に排出してしまうため、野菜や海藻も一緒に摂るようにしましょう。

材料は次の6つ(我が家ではこれを二人で分けて食べてます)

  • 米粉:130g
  • 原料糖(キビ糖):13g
  • 重曹(またはB.パウダー):2g(3g)
  • 塩:フライパンの上で少々振りかける
  • 玉子:1個(55g)
  • 水:75g(玉子との合計で130g) 

米粉

まず主体となる粉として使うのは小麦粉ではなく、米粉でもなく、玄米粉100%です。ここは白米を粉にした単なる米粉よりもホールフードの観点から糠まで含まれる玄米粉の方が糖質制限ができ、がん予防をはじめ様々な健康障害の予防という点で重要です。玄米粉と小麦を少しずつ使うのはどう?って思うかもしれませんが、それはNOです。主食となる炭水化物の類を2つ以上同時に摂取することになるからです*1

原料糖

次に甘味ですが、これも普通の白い砂糖や三温糖ではなく原料糖(キビ砂糖)*2を使います。

膨張剤

そして膨張剤。ベーキングソーダ重曹)やペーキングパウダー、またはその両方*3。これがないとやはりペッタンコに焼きあがるので必要でしょう。

粉類はこれだけです。

粉類を混ぜる

以上、玄米粉+キビ糖+膨張剤をボウルに入れたら混ぜます*4。 

玉子と水

そこに玉子を入れます。

最後に水分。この水分の選択肢として、牛乳や豆乳を考える方もいるかと思いますが水でOK*5

玉子のサイズと水の量でパンケーキの粘り気(厚み)を調節することになります。玉子と水を合わせて玄米粉と同じグラム数になるぐらいがちょうどよいです。

焼く

さて、これだけを混ぜたら蓋をして熱く熱したフライパンの火力を弱にし、手早く厚く流し入れ、塩を軽く振りかけます。蓋をして1分ぐらいで、表面まで火が通る前にひっくり返し、蓋をして数分待てばできあがりです。 

物足りない時は…

どうでしょう。なんやかんや入れずとも、これで素朴でおいしいパンケーキになっていると思います。

これで物足りないと思うとしたら、砕いたナッツを入れてもいいかなと思います。ここでもナッツの原産地には気を付けて、気になる原産地のナッツは避ければ入れるのもありかと思います。

またココアを入れてもいいかと思いますが、ここでもやはりココアの原材料を確認してからというのは言うまでもありませんね。そしてココアをいれると、甘みが足りなく感じると思いますので、さらに糖類を追加する必要があるかもしれません。

トッピング

最後に、トッピングです。ジャムやシロップ。魅力的な商品があると思いますが、市販の商品にはかなりの添加物が含まれていると思います。せっかくこだわりのパンケーキを作っても、トッピングによって台無しになります。とにかく原材料を確かめて自然素材のものをトッピングします。我が家では次の3通りのトッピングをしています。

  1. アマニオイルと塩(ドレッシング代わりにアマニオイルと塩をかけたサラダを一緒に食べた場合、その残りをパンケーキで浚えるように使ってます)
  2. バターと蜂蜜
  3. シュレッドチーズ(出来立てのパンケーキの上に乗せると溶けやすいです)。乳製品はあまりお勧めではないですが、おいしくなります。

ポイント:フライパンはフッ素加工されているものを使うことで貼り付きを防ぐためのオイルを使用しなくて済みます。どうしても必要というのであれば熱に強いココナッツオイル*6を使用します。 

最後に…

我が家で使っている玄米粉をご紹介します。

 

米粉を選ぶにあたって、米が有機栽培であることは必須です。というのも玄米には糠も含まれているので、農薬を使った栽培であればそこに農薬が残留している可能性が高いからです。そこで上記の商品を見つけました。送料がかかるので何袋かまとめて買うとお得です。 

脚注

*1.膵臓から分泌される米や小麦など炭水化物の消化液は異なる。これらが食事の大半を占める場合、多種の炭水化物を消化するそれぞれの消化液を分泌させるとなると、膵臓に大きな負担となる。一食における炭水化物は1種類だけにすることは普段の食事の際にも最大限に気を付けておきたい点。 

*2.砂糖は原料となるサトウキビなどの原料植物から不純物を取り除いて結晶化させた原料糖をさらに精製しているため、単なる糖の塊でミネラルなどの栄養分がほとんど含まれていない。三温糖も栄養価的には白砂糖と大差ない上、中にはその色を付けるためにカラメル色素という添加物を添付しているものがある。カラメル色素もどうしても避けたい添加物だ。 

*3.ベーキングソーダ重曹)は少しの入れすぎでも味にかなりの影響が出るので慎重にした方がよいでしょう。ベーキングパウダーの場合、量によっても気にならないと思いますが、ベーキングパウダーの缶に、あまり多く摂取しないでくださいという類の注意書きが書かれている。ベーキングパウダーの適用量や弊害についてはまだ私の知識が追い着いていないので、その点はご了承いただきたい。 

*4.ベーキングソーダの場合は気にする必要はないが、ベーキングパウダーは水分に触れるとガスを発生させ、その現象を利用してパンを膨らませるので、ベーキングパウダーを使用する場合は水分を含む材料を入れる前にまずここまでの粉末状の材料をボウルに入れたら混ぜる。 

*5.以前、豆乳(スゴイダイズ)を使っていたが、この商品は普通の豆乳と違い大豆イソフラボンが豊富に含まれているため、もしも140g以上の豆乳を使うとこれだけで大豆イソフラボンの一日の必要量を超えてしまうことを知った。大豆イソフラボンはそれ自体は体に良いが、取り過ぎると逆に悪影響を及ぼすと言われている。そのため我が家では納豆や豆腐なども食事として摂取するので、今はシンプルに水を使っている。 

*6.熱に強いオイルというのは、熱によって変質しにくいオイルという意味である。そういう意味で概してオイルは熱に弱い。製造過程で加熱されていればまず性質は変化しトランス脂肪酸が発生しており、これの大量摂取が体に害を及ぼす。オイルにはいくつか種類がありオメガ3(アマニ油など)に分類されるものは体に良いとされている。ただ製造される際に低温搾取(コールドプレス)されているものに限る。ただこれらも調理時に熱が加わってしまえば変質してしまうため、サラダなどにかけて摂取するものに使用するのがベスト。そこである程度熱が加わっても変質しにくいココナッツオイルが適しているといえる。

*1:膵臓から分泌される米や小麦など炭水化物の消化液は異なる。これらが食事の大半を占める場合、多種の炭水化物を消化するそれぞれの消化液を分泌させるとなると、膵臓に大きな負担となる。一食における炭水化物は1種類だけにすることは普段の食事の際にも最大限に気を付けておきたい点。

*2:砂糖は原料となるサトウキビなどの原料植物から不純物を取り除いて結晶化させた原料糖をさらに精製しているため、単なる糖の塊でミネラルなどの栄養分がほとんど含まれていない。三温糖も栄養価的には白砂糖と大差ない上、中にはその色を付けるためにカラメル色素という添加物を添付しているものがある。カラメル色素もどうしても避けたい添加物だ。

*3:ベーキングソーダ重曹)は少しの入れすぎでも味にかなりの影響が出るので慎重にした方がよいでしょう。ベーキングパウダーの場合、量によっても気にならないと思いますが、ベーキングパウダーの缶に、あまり多く摂取しないでくださいという類の注意書きが書かれている。ベーキングパウダーの適用量や弊害についてはまだ私の知識が追い着いていないので、その点はご了承いただきたい。

*4:ベーキングソーダの場合は気にする必要はないが、ベーキングパウダーは水分に触れるとガスを発生させ、その現象を利用してパンを膨らませるので、ベーキングパウダーを使用する場合は水分を含む材料を入れる前にまずここまでの粉末状の材料をボウルに入れたらすぐに混ぜる。

*5:以前、豆乳(スゴイダイズ)を使っていたが、この商品は普通の豆乳と違い大豆イソフラボンが豊富に含まれているため、もしも140g以上の豆乳を使うとこれだけで大豆イソフラボンの一日の必要量を超えてしまうことを知った。大豆イソフラボンはそれ自体は体に良いが、取り過ぎると逆に悪影響を及ぼすと言われている。そのため我が家では納豆や豆腐なども食事として摂取するので、今はシンプルに水を使っている。

*6:熱に強いオイルというのは、熱によって変質しにくいオイルという意味である。そういう意味で概してオイルは熱に弱い。製造過程で加熱されていればまず性質は変化しトランス脂肪酸が発生しており、これの大量摂取が体に害を及ぼす。オイルにはいくつか種類がありオメガ3(アマニ油など)に分類されるものは体に良いとされている。ただ製造される際に低温搾取(コールドプレス)されているものに限る。ただこれらも調理時に熱が加わってしまえば変質してしまうため、サラダなどにかけて摂取するものに使用するのがベスト。そこである程度熱が加わっても変質しにくいココナッツオイルが適しているといえる。

個人情報保護スタンプもいろいろ~PLUSローラーケシポン~

宅配便で届く荷物の伝票を破棄するためにそれまではシュレッダーにかけていましたが、個人情報を消すスタンプを100均で見つけました。しばらくはご機嫌よく使っていましたが、すぐにインクが切れてしまいました。そのコロコロさせるスタンプは少し小さすぎたのかなと思います。そして少し大きめの押しつけ型を2種類買って試してみましたが買ったそばからインクが薄く、何回か購入しましたが、やはりすぐインクが切れるか、既にインクが薄かったものばかりでした。

先日、家電量販店で「ローラーケシポン」という個人情報保護スタンプを見つけました。文房具売り場の個人情報保護スタンプのコーナーがあって、そこにはサイズ違いや種類違いがいくつもありました。そこで今回これを買ってみました。

f:id:Cenote:20191114222113j:plain

プラス社製ケシポン

これを選ぶにあたっての第一条件はフタがないということ。置いてあるものを取ってそのまま片手でポンまたはコロコロできるものがいいんです。この一手間がだんだん面倒くさくなってくるのと、外したフタを「どこやったっけ?」とならないようにです。

適当にその辺にあった紙でコロコロってしてみたところ…

濃いっ!

そして期待通り!

今まで使ってきた100均のとはまるで違ってインクが気持ちいいぐらいに濃く下の文字列をしっかりカムフラージュしてくれてます。約800回分のインクで約400円、カートリッジの替えは300円程。既に100均でそのくらい使っている…。さてどのくらい持つのかと思いますが、100均のとはわけが違うでしょうね。違って欲しいです。楽しみにしています。

 

メールクライアントの選択

今回、昔のよしみでお手伝いしているご年配の元お隣さんからお願いされている内容の一つに、メールのアドレス帳を新しいPCに移行したいということがあります。

その前に、ご本人はパソコンでやりたいことは、年々少なくなってきていて、今ではメールとネット検索ぐらいということでした。ということで、今回のPCはとにかく格安でサポートが終了するWindows 7からWindows 10に新調したいということで、他にも入用のものがあるのではっきりとした予算は決まっていないようでしたが、感覚的に4~5万ぐらいでした。しかしその価格帯で買えるマシンはスペック的に低く、特にメモリが4GBぐらいなので、将来的に動作が遅くなるということを懸念していました。ただ、ご本人はあまりそういうことは耳に入っていかないようで、やはり金額的なことが先立つので、結局メモリ4GBのマシンになりました。

そこで、PCのメールソフトに、今はOutlookを使っているのですが、今回のマシンにはOfficeは付属していません。それは承知で購入しました。ただ、その代替となるものはぼく自身が使っているThunderbirdでいいかと思っていましたが、Windows10に標準でついているメールソフトでもいいんじゃないかと思うようになってきました。そこで、OutlookからWindows10のメールに移行することを調べたというわけです。それもアドレス帳と共に移行する方法です。

それにしてもまず、Windows 10に標準のメールアプリの名前がわかりませんでした。開いた封筒を模ったピクトグラムの様なアイコンのやつです。調べていたらWindowsメールとかWindows Live メールとかが検索でヒットするので、それなのかと思っていましたが、インターフェースが違うように見えたのでまた調べ直し、どうやら名前がないように思えてきました。言うなればWindows 10メールとでもいうみたいですね。

さて、そこでWindows 10メールにどうやってアドレス帳を移行できるのかと調べたら、今度はアドレス帳は別アプリでPeopleというらしい。そうなるとOutlookから移行はぼくにはできないと結論付けました。

そこでなぜThunderbirdにすんなりしないでいるかというと、スペックが低いのであまり新しいアプリをインストールしたくないなということと、もしかしたらThunderbirdよりも軽いものがあるんじゃないかと思ったからです。そこで調べてみましたがメーラーの思い軽いを比較しているサイトは見当たらず。

そこで副産物的に見つけたのがeM Clientというメーラー 

https://emclient.jp/

Outlookにインターフェースが似ているという情報です。

それからnPOPQというメーラーはめっちゃ軽いということがわかりました。

そんな情報によると、彼女が使い慣れているOutlookに似ているeM Client辺りがいいかと思ったのですが、実際にぼくが使ってないのでやっぱりやめておこうと思い、結局Thunderbirdを使ってもらおうと思っています。 

しかし…

調べてみると、OutlookからThunderbirdへの移行の道はどうやら険しそうです。というかめんどくさそうです。いろいろ経由しなければいけないようです。さて、リサーチしなければ。