雑食思想の溜め池

生活していれば自然と湧き出て来る思いの数々。ここは、ぼくの中でゲシュタルト形成や拡張へ向けて流れ着いた、様々な興味の源泉からの思想が集う場所である・・・。と意気込んで始めたものの、だんだんとその色が薄くなってきました。

Two-Way Desk制作開始

f:id:Cenote:20220103001528j:plain

今は立って仕事をする時代ですよね。

人間の骨格は座りっぱなしの姿勢には向いてないようです。

とは言え、机の多くは座って使うようにデザインされてます。

最近はデスクトップが電動で上下して、座り使いにも立ち使いにも対応できる机がありますが、それを自分で作れたらいいなと思って考えています。

まあ、実現するのはかなり難しいだろうなと思いながらも、普通に買うまでもない。というか、欲しいデスクとしてサイズが大きいんですよね。

小ぶりなのが欲しいんです。

そこで、昇降する機構をどうするか…数か月考えていますが、なかなか思いつかないでいます。

まずは電動にするか、手動にするか…

もちろん電動の方が楽ですが、製作費が嵩張りそうだし、それなら売ってるのを買った方がいいかなー。

まあ、デスクトップに多くを置くつもりがないので、手でグルグルハンドルを回して上下させる手動でもいいかなー。

どっちにしても、ちょうどいい滑車やモーターやらを探さなくてはならないですよねー。

もう一つの考え方として、スツール型机にするということもアリかと思いましたね。

つまり、立った時のデスクトップの高さに合った高椅子(スツール)とワンセットで作るというものですね。

ということで、まずはそういう上下機構を除いて、シンプルに2段構え机を作ろうと思いました。

それがこれ!

f:id:Cenote:20220102234813p:plain

完成予想図だけを描きました。

手動で昇降させるどころか、単に天板の位置を変えられるものというものです。

これでちゃんと形になると思ってますがどうでしょう。

机やテーブルは今まで4つほど作ってきましたが、いずれも脚が4本ある形で、このページの先頭の写真がその一つです。

基本的に天板だけがちゃぶ台からの再利用で、足の部分の木材をホームセンターで買ってきて作っていました。(因みにこれは施設で生活していたおばあちゃんがベッドに座って使う目的で作りましたが、亡くなった後分解してしまいました。ちょっとしたこだわりとして、後ろ足の下に横向きのキャスターを埋め込んであるので、少し奥に傾けて横向きにスライドさせると少し楽に横に移動させることができるというものでした。)

今回もできるだけ、うちにある材料で作ろうと思ってますが、今回購入しなければならないのは天板とブレース(筋交い)とダボになるかなと思ってます。

ということで、今年の制作はこの机から始まることになりそうです。

乞うご期待。

 

今年のクリスマスツリーもタペストリーで

f:id:Cenote:20211214105757p:plain

早いもんで今年も残すところ半月あまり。

我が厚労大臣の判断でコロナのためにIKEAのツリーは今年もお預けです。

でも、なかなか便利だし、結構雰囲気は出るもんですね。

それにこのデザインも本物っぽいんで、オーナメントもマッチしてるように見えます。

去年もこのツリーは狙っていたそうですが、実際に買う前に面白いのを見つけたので急遽変更したらしいです。

で、今年はこれ、というか来年もコロナの具合ではこれになるらしい。

ただね、電飾をもう少し工夫しないといけないですね。

こんなふうにいくつかの種類がありますが、うちでは一番シンプルなものにオーナメントを貼り付けるってことをしてますが、いろいろ装飾されているものもあるので、オーナメントの用意がないうちでも使えますね。

 

玄米粉 人気ゆえの在庫切れなら いいんだが 字余り

f:id:Cenote:20211210182621p:plain

このブログで紹介している、ぼくらが気に入って使い始める玄米粉がどうも売り切れてしまいます。玄米粉ってどのくらい売れるんでしょう。勝手な想像ですが、ぼくらが彼らの在庫を買いつくしているんじゃないかとか思っていますがどうなんでしょう。

せっかく気に入った使いやすくちょうどいい感じに焼けるHIRYUさんの玄米粉が売り切れてしまい、問い合わせたところ入荷予定が立っていないということで、久しぶりに万糧米穀さんの「俺の米粉」(玄米粉)に戻ってみました。

そこで気が付いたことがありました。

HIRYUさんの玄米粉には「少し粗目」と書かれていたのですが、使ってみて「逆に細かいんじゃないの?」って思ったことを先月書いたと思うのですが、久しぶりに「俺の米粉」を開けてみたところ、こっちの方が細かいように思いました。

二つ同時に開けて比べたらもっとはっきりするんだろうけど、違う日に開封して、あまり気にしないで使っていたら、全然わからないんですね。

鈍感なんですね。でも、今回「俺の米粉」を開けた感じが、より片栗粉っぽかったんです。

粒子が細かい方が水分を吸い込みやすく、混ざりやすいかと思っていましたが、もしかしたら粒子が粗いほうが水分は隙間に入りやすくて混ざりやすいんですかね。

さらに粒子が粗いほうが水分を吸収して焼けるまでに時間がかかるから、より粒子が細かいHIRYUさんの方が早く焼けると思っていたのですが、HIRYUさんの方が粒子が粗いとなると、イメージがまったく変わりますね。

今思うと、どちらも十分細かいけど、細かすぎると水分とほぼ一体化してしまって、粘土のようになってしまうので逆に火が通りにくく焼けにくいという理屈なのかなと思っています。

想像ばかりの分析なのでしょうもないことですね。

と、こんなことを書いていたら再びHIRYUさんの玄米粉が復活しました。

今となったら、水分調整と火加減でどちらもいい具合に使えるようになったんでどちらかが品切れでも心配ないかな。

それはそうと、人気がもっと出れば入荷数も増えてくるんでしょうね。そしてうまいこと在庫が回転して売切れがなくなってくれたら嬉しいです。

 

HIRYUさんの無農薬玄米粉 500g×5袋 青森県産 自然栽培(無農薬・無肥料)

万糧米穀さんの俺の米粉 無農薬 (有機JASの原料) 無添加 玄米粉 500g

無農薬、無添加、無化学肥料栽培きぬのはだ玄米餅(低GI値)ー HIRYU

f:id:Cenote:20211027151652p:plain

ハンコじゃないですよ↑。

お餅です。

お餅というと正月というイメージの方も多いかと思います(そんなことない?)が、うちでは非常食やおやつという感覚でたまに食べてます。

非常食というのは、たまに

「あ!ご飯炊き忘れた!」

「炊飯器の予約してなかった!」

というときがありませんか?

うちではたま~にあるんです。

あとは小腹が空いた時ですね。

それで、前回紹介したHIRYUさんから、今回は玄米餅をレビューしたいと思います。

f:id:Cenote:20211025162741p:plain

無農薬、無化学肥料栽培のきぬのはだという玄米を使ってます。

何がぼくは基本的に味はどうこうということは主観的で微妙すぎるのであまり言いませんが、このお餅は食感がいいですね。

焼いた時に均等に柔らかく焼ける感じがしてます。

これにアマニオイルと塩で食べると、何とも素朴でとても満たされるんです。

f:id:Cenote:20211101030721p:plain

(お餅だけだと玄米餅ではあるけど、糖質のかたまりなんで食物繊維を一緒に取る意味でナッツも一緒に食べてます。)

もちろん、醤油とノリで巻いてとかもいいでしょうね。

あべかわ餅、からみ餅にしてもいいと思いますが、アマニオイルと塩は簡単で美味しいです。まあノリを巻いてもいいかもですね。

いずれにしても、無添加、無農薬といったように、食べ物に対しては表現がちょっと変かもしれませんが、キレイなもので不純物が入ってないので、素材そのものが良質ゆえに満たされるんでしょうね。

はい、以上です。

レビューにしては短すぎるかもしれませんが、ご容赦を。

ぼくが紹介したいのはこういう健康上の観点からですから、あとはみなさんの手間とアイデアでさらにおいしくしてもらえたらと思います。

 

 

新たな完全無添加、無農薬まっしぐら玄米粉、ー HIRYU

f:id:Cenote:20211025162352p:plain

購入のタイミングやら売切れ、製造中止など、いいなと思った商品が手に入らなくなるとその都度焦ってしまうのですが、どこからかいい商品を見つけられるようになりました。

こうやって少しずつでも無添加、無農薬、自然栽培、といった生産手段で生産してくれる生産者さんが増えてくれたらとても嬉しいです。

もちろん価格がその分上がってしまうこともありますが、それに見合っただけの商品であれば購入します。そういう風に社会全体が動いてくれると嬉しいんですよね。

で、今日レビューしたい商品は…

 

HIRYUさんというショップの玄米粉です。

f:id:Cenote:20211025162634p:plain

青森県産、自然栽培(無農薬・無肥料)の「まっしぐら玄米」を使っています。

今までのと比べてキメが細かく、玄米粉パンケーキの生地を作るときにすぐに混ざり、フライパンでの焼き時間もとても早く、とても便利です。

無農薬玄米粉 500g×1袋 青森県産 自然栽培(無農薬・無肥料)

一袋680円ですが、送料がかかるので、こんなふうにまとめ買いもできます。

あまり価格のことはとやかく言いたくはない(特に比較したくない)のですが、この商品はまとめ買いをするとより経済的です。

うちでは主食の一つに使っているので助かります。

感謝感謝です。

無農薬玄米粉 500g×3袋 青森県産 自然栽培(無農薬・無肥料)

無農薬玄米粉 500g×5袋 青森県産 自然栽培(無農薬・無肥料)

HIRYUの販売ページには「少し粗目の仕上がり」と書かれているのですが、これでも粗いんですね。今までのはもっと粗かったんで、これがとても細かく感じ、うまくいくかなーと少し不安でしたが、まったく心配ご無用。

逆により良いことに気が付きました。

パンケーキにしてもクッキーにしてもあまり熱を加えないでいろいろやってるんで、水分を吸収するためには細かい方がいいでしょうし、実際にパンケーキは出来上がりのテクスチャーはとてもいい感じです。

うちでは他の商品玄米餅や砂糖…いや砂糖じゃないな、えーとなんだったっけな?

あ、マスコバド糖だ。

初めて聞いた。

うちの厚労大臣が見つけた糖ですが、これらと合わせて買って送料を薄めています。

 

あ、とか言っていたら売り切れてました。

問い合わせたら、入荷予定も立ってないそうで、うちらが買い尽してるんかな。

代わりにということもないけど、今度、玄米餅やマスコバド糖もご紹介しますね。

リサイクルは人の為ならず

f:id:Cenote:20211017143749p:plain


前から書いてますが、我が家ではネスプレッソのコーヒーを愛飲しています。

使っているのはカプセルから抽出するタイプのコーヒー(今はヴァーチュオです)を飲んでいるので、言うまでもなく、使用済みカプセルというのが毎回残るんですね。

それを数年前までは普通のゴミとして捨てていたのですが、どうしてももったいなかったんです。

もったいない資源ゴミ

なぜかというと、ネスプレッソはそのカプセルにアルミニウムを使っているからです。

なんでアルミを使っているかというと、その風味を閉じ込める密閉性のためです。

互換製品はプラスチックとかなんですが、その密閉性能は全く違います。アルミ製カプセルに貼られたフィルムはずっとパンパンに膨れているんですね。

そして使うときにマシンにセットしてカバーを閉じると穴が開けられるのですが、その時にパーン!といい音がするんです。

密閉性がよいということは新鮮さを保つためということでアルミニウムを使用しているとのことですが、それを捨てているということには罪悪感というか本当にもったいないと思ってたんです。

リサイクルは面倒くさい?

それがここ数年前からネスプレッソはカプセル回収プログラムを始めてくれたので、使用済みカプセルを取っておいて店舗に持っていって回収してもらうことができるようになりました。

ぼくらからしたら、そういうシステムを確立してくれてありがとうございます、という感じなんです。

今は、そのリサイクルプログラムで持ち込むたびにポイントをためられて、一定数量たまったところで好きなカプセル1本をプレゼントしてくれるということになっているんですが、はっきり言ってぼくらは「プレゼントを貰えなくても持っていくよ!」って感じなんです。

そんなカプセル回収は店舗でしてくれるのですが、不思議だなと思ったのが、毎回持ち込んだときに「持ってきてくれてありがとうございます」とお礼を言われることです。

重いのをわざわざ持ってきてくれて・・・というのですが、ぼくらからしたら別に強制されているわけでもなく、もともとどこかで回収できないのかと思っていたぐらいなので、店舗で引き取ってくれるだけで嬉しいんです。

それに加えプレゼントもくれるなんて嬉しすぎと思っており、それを説明しても店員さんの様子をみると、納得されてないようで(という対応をするように接客マニュアルに書かれているのかな)、なんというかネスプレッソが申し訳ないことをしてお客さんに許しを得ているかのような反応なんです。

要は、消費者はプレゼントをもらえるというインセンティブを与えないとまだまだリサイクルをしてくれないと思われているってことですよね。

それってなんか残念な気がしませんか?

偽善者?ぶりっ子?おせっかいにはなりたくない

さて、そんな周りの価値観がはびこっているのであれば、おそらくこの場合ぼくらはまるで「いい人」になろうとしているように聞こえるんじゃないですか?

どうでしょう。

自分で言うのもなんですが、「いい人」ぶっているようにも見えるんですよね?

まあ、どっちでもいいんです。

もちろんいい人になろうという意識はなく、そう見えるようになろうということもないです。つまり人にどうみえるようになるかという気持ちでやっているわけではないということです。

リサイクルしたくてもできるもんじゃない

少し脱線する話に聞こえるかもしれませんが、ここ数年、このカプセル回収や他のリサイクルや健康に気を使った商品を購入するという姿勢を取っていますが、それはそういうシステムがあってやっと実現できることです。

自分がいくらリサイクルしたいと思っても、そういうシステムがなければリサイクルできないし、健康的な食料を欲しがっても、そういう商品を生産してくれる人がいないと買えないわけです。

そんな提供者がいてぼくらのような利用者がある程度いてやっと成り立つシステムなんで、ぼくらは結局の所そういうシステムを利用することで自分のリサイクルしたいとか、健康でいたいという欲求を満たそうとしているわけですから。

損得勘定や義務感とは違う何か

結局自分のためにやっている感じがあるんですね。

だからあまり大きな声で言うと、「なんだ、結局自分のためかい!」って思われるような気がするんで言いませんが、ネスプレッソの店員さんに説明してもああいう反応だったんで、どうやらそう思われる可能性はそれほど大きくないのかなという気はしています。

とは言え、そういう考え方が広まってくれたらありがたいという気持ちもあるんで、こんなところで細々と自分たちのやってることを紹介していますが、「みんなもやってー!」ということではなく、「やりたいなー」とか「やってみたいなー」と潜在的に思っている人がいたらそういう人のヒントにしてもらって、そうやって広まって行けばいいんじゃないかなと思っているって感じです。

まあ、リサイクルすることは自分のためと言っても、行き着くとこというか、究極の到着地はみんなのためになるということで自分本意ではないのかも知れません。

ただ、到着する可能性というか、その割合がそれほど大きくないだろうという予想があるから自分のためという目的に置き換えられてしまうということなんじゃないでしょうか。

 

いずれにしても、みんながおせっかいな気持ちを持たず、さり気なく自分の良いと思った環境改善活動をすることがやがて文化になっていく。それが重要なのかなと思いながら、今日もコーヒーを嗜んでいます。

ザク、引退!

f:id:Cenote:20211004023554j:plain


ぼくは、ガンダム世代というんでしょうか。今でもガンダムはモデルチェンジして、どんどん進化しているようですが、ぼくらが子供の頃、初代ガンダムが始まってガンプラに憧れていた世代のことです。

そんなガンダム世代ではありましたが、ぼくはあまりガンダムには興味がなく、アニメもリアルタイムでは見ていませんでした。

今のように、テレビ放映を見忘れてもビデオやらオンデマンドやらでいつでも見れる時代じゃなかったので、流行り出してみんなの話題に上ったころにようやく存在に気が付いた感じだったんです。

ストーリーの途中から見るのがイヤだったぼくはガンダムは無視していたんですね。

そんなこと言っても友達はガンダムの話するし、確かにあのモビールスーツはカッコいいとは思っていたので、誕生日が近い友達と一緒に誕生日会をしたとき、ガンプラを交換し合った記憶があります。

もちろんぼくは主役のガンダムが欲しく、身長20センチぐらいのおそらく一番小さいサイズのガンダムをもらうことにして、友達には、何か忘れてしまいましたが、ジオン軍の誰かを上げたように思います。

あの時は、友達が何で主役のガンダムより悪役が欲しいんだかぼくにはわからなかったんですが、テレビを見ている友達は、もうガンダムは造形的に飽きていたんでしょうね。ドムがカッコイイとか、ズゴックがどうのこうのって興奮しているのが不思議でした。

時が流れて―

数年前、大の大人になって、アマゾンプレミアムに入っていたぼくは、アマゾンでも初代のガンダムアニメが見れることを知って、子供時代に見れなかった(見なかった)んで見てみようと思って一通り見たんですね。

おーなるほど。

こういう話だったのか。ある程度の話はどこかで耳にしてきましたが、詳細は知らなかったんでとても新鮮でした。

そして確かにシャーとかカッコええなとか理解できました。

 

と、まあ、ぼくはそれ程ガンダムに傾倒しているわけではないのですが、やっぱ、ガンダムは日本の文化ぐらい浸透しているものなんで、連想と言いますか、結構比喩や比較何かで頭をよぎるわけです。

そこで、タイトルの

「ザク、引退!」

って話にようやくなるんですが、ご存知のようにザクにはシャー専用ザクと量産型ザクがいますよね。

これを見てみてください。

f:id:Cenote:20211004014626j:plain

まるでシャーザクと、量産型ザクっぽくないですか?

色の具合がちょっとわかりにくいかなあ。

でも、とにかくこれなんです。

赤と緑ってそれぞれ個別にみれば特別な色でも何でもないですが、2つ並べたときにパーッと閃光が走ったかのように「ザクやん!」ってなったんです。

メタリックカラーやし、そん時は機械的(ロボット的)って感じもしたんかなあ。

 

で、何なん?これ?

ですよね。

 

f:id:Cenote:20211004014649j:plain

これでわかるかな?

 

f:id:Cenote:20211004014703j:plain

はい、これが答えです。

・・・

 

って言われてもわからないですよね。

 

で、わかりますか?

 

で、これが引退ってことはー?

はい、販売終了ってことです。

Vatuo(ヴァーチュオ)という

 

こういうコーヒーメーカーのカプセルです。

その中のいくつかのカプセルが販売終了になってしまい、ぼくらが飲んでいるこれら2種類のカプセルが戦力外通告されたってことなんです。

この時期プロ野球でもそんな話が話題にあがるさみしい季節です。

なんと残念・・・

シャーがデカフェナートというカフェインフリーのマグサイズのもので、量産型がアルトサイズといってもうちょい大きいサイズのだったんで、2人でシェアして飲むにはちょうどいいサイズだったんですね。

アルトはデカフェじゃなかったのが惜しかったんですが、経済的だったんで我が家のラインナップに入れてました。

アルトはもともとこのインテンソという種類とドルチェの2種類しかなかったのですが、何とこのアルトサイズ自体が無くなってしまうということなんです。

その代わりに先日さらに大きなカラフェってものが新発売されたんです。

 

でかい。

数人で飲むのにいいんでしょうけど、1回の抽出で535ml出るんです。

それならさらに経済的じゃない?

と思うでしょ?値段は倍なのであまり変わりません。

逆にアルトが安すぎたんですね。

ぼくらは、今のところこのサイズに移行する予定はありません。

シャーの引退後はメロツィオというマグサイズカプセルのデカフェ版が入隊してきたのでそちらに鞍替えということになりますね。

そんなわけで、ザクたちの引退は残念ですがお疲れさまでした。

なんのこっちゃ。